西野こういち ほっとかれへん! 30年後の日本人も幸せで居られる社会を。

捲土重来-2

2015.01.27

昨年の総選挙では大変お世話になりました。

篤いご支援を賜りながら個人としても党としても皆様のご期待に沿えなかったこと、幹事長代理の職責を担った者として衷心よりお詫び申し上げます。
次世代の党の結党から衆議院解散までの3か月、国会の論戦において我々は際立った成果を残してきた、と自負しております。たとえば朝日新聞の不正確な報道に始まった従軍慰安婦問題は、後の河野談話につながり、今もなお国際社会において日本の名誉を著しく毀損し続けております。次世代の党はこの問題に党を挙げて取り組み石原官房副長官(当時)の参考人招致を実現しました。その国会での答弁を受けて河野談話の作成過程を政府が改めて検証、河野談話の作成そのものが韓国政府の強い意向が反映されたものであり、河野官房長官(当時)が強制連行の事実を認めたことについてもまったく根拠のないものだったことが確定的になりました。一連の動きが朝日新聞の謝罪につながり、全国の地方議会でも慰安婦謝罪決議の撤回が相次いでおります。
「慰安婦問題は生活と密着していない」というご指摘を賜ることも多々ありました。

しかし、我々の掲げた政治理念「新保守」とは戦後体制の保守にあらず、日本建国以来の、天皇を中心とした国体の保守にほかなりません。なぜ「保守」しなければならないのか、我が国は建国以来一つの政体を維持する世界最古の国家です。2675年間、世界の国々が勃興没落を繰り返す中、天皇を中心に連綿と続く歴史を紡いできました。祖先が守り伝えてきたものが世界で最も優れた国家システムであったからこそ、世界最古の国家として、今の我々があるのです。だからこそ、保守が正しく、その尊い伝統を一度の敗戦で全否定してはならないのです。

そのためには戦後体制によって歪められ、損なわれたものが何だったのか、しっかりと見極め、次世代のために修正すべきものは修正をしていかなければなりません。
慰安婦を日本の官憲が強制連行した、と捏造した勢力が何を企図していたのか、その企みを喝破し一つずつ撃破していくことは、今後も我が国の伝統と文化に基づく国柄を守り伝えていくためのみならず、国際社会の中で現実の国益を確保していくためにも必要なことです。北朝鮮による許されざる拉致について、「日本は戦時中に朝鮮半島の女性を強制連行したではないか。北朝鮮を非難できない。」という論を展開して北朝鮮を擁護する人がいます。(驚いたことに、そして恥ずかしいことに国会議員の中にすらいるのです。)

あるいはロシアは日ソ不可侵条約を一方的に破棄し日本を侵略し、北方領土を違法に占拠し続けている現状について、中国や韓国と連携し、「歴史上日本が悪だった。その罰として戦争で敗北し、北方領土を失った。北方領土は歴史上合法的にロシアの領土だ。」という主張を近年強めてきました。中国は首相の靖国参拝や尖閣諸島の国有化、防衛予算の増加を非難する裏で着々と海洋油田の開発や南シナ海への侵略を進め、今まさに尖閣諸島近海の日本の領海内に数多の公船が押し寄せています。我々はただ単に歴史の解釈を争うだけでなく、その裏で行われている現実の国益を守るために一つ一つ、事実に基づいて反論していかなければならないのです。
昨年末に日中首脳会談がようやく実現しました。

その時に「日本はこれまでの立場を変更し、ついに中国との間で領土問題が存在することを認めた」という報道が一部ありました。尖閣諸島について、日中間に解決すべき領土問題は存在しない、というのがこれまでの日本政府の一貫した立場です。領土問題が存在する、ということを認めてしまえば、その問題を解決するためのテーブルにつく義務が生じます。そして交渉のテーブルにおいて100%の勝ちを得ることはできなくなります。

私はこの報道に危機感を覚え、直ちに政府に対して質問主意書を提出しました。

質問主意書に対する回答は必ず閣議決定を経なければならず、それが政府の公式見解となります。私は「今回の日中首脳会談に関して日本政府の立場の変更はあったのか、また、日中間に領土問題が存在することを認めたのか」という質問をしました。この質問は政府が立場を変更したのか、ということを問うよりも「立場を変更していない」という閣議決定をしてもらうことを目的としていました。政府の回答も期待通り「立場の変更はない、領土問題はない」というものでした。(回答日は衆議院解散の日でした。解散になれば質問主意書そのものがなかったことにされるので、やきもきしました。)この質問主意書について日本のマスコミはほとんど関心を寄せませんでしたが、中国側の香港メディアから取材の依頼がありました。それだけ日本政府のあらゆる動きが監視されているのです。野党であっでも日本の国益のためにやることはやってきた、そしてそれは世界からも見られている、という自信を深めた一件でした。
我々の仲間でも「保守とはなにか」とよく議論します。平沼党首は一言に「皇室を守ることだ」とおっしゃいます。私もまったく同感です。そして同時に、自分を育ててくれた父母を思い、そして自分の子供や孫たちの将来を想うことだと思います。我が国が建国されて2675年、30年を一世代とすれば90世代近くを経てきました。それだけの祖先が成してきた偉業に思いを馳せ、自分を育んだ父母を思い、郷土を思い、そして祖先に、父母に恥じないよう自分の子供に行動で示していく。我が国の国柄を次世代へと引き継いでいく。我々は常に歴史の一部分を預けられた存在であって、我々世代が、過去も未来も否定してはならない。それが保守精神の神髄であろうと考えています。
今後も在野にあっても保守の政治家として国政復帰を期して活動を続けてまいる所存です。

捲土重来

2014.12.27

解散後1か月の戦いが終わりました。結果が出てから2週間、各所への挨拶回りと事務的な残務処理に追われ、落ち着いてものを書く間もありませんでした。まだ挨拶廻りにまわらなければならないところも多数残っておりますが、歳末が近づいてきたのでここで選挙戦を振り返ってみたいと思います。

10月くらいから、選挙の気配を感じていました。スキャンダルで国会が回らない中、すべてをリセットするには解散しかないと思っていました。周囲には「まさかこの状況で解散なんてしないだろう」と言いながら、地元ではこっそり選挙の準備を進めていました。

我が党はネット戦略を重視し、ネット右派層をターゲットにしたかのような報道や論評が各種出ていますが、少なくとも私自身の選挙においてはそのような戦術はとりませんでしたし、党本部にしても資金難故にテレビCMや大々的な新聞広告は打てない、ということはあっても、ことさらネット頼りの選挙をした、とは聞いていません。私自身、選挙では94回の個人演説会を開催し、約7000名を動員しました。石原慎太郎先生や平沼赳夫先生、園田博之先生、中山恭子先生ら党幹部に応援に入って頂いた時も、街頭演説ではなく個人演説会に来ていただきました。(藤井先生だけは平日昼間のみ、ということでしたので街頭演説を行いました)。昔ながらのどぶ板選挙です。選挙カーは個人分と政党分2台を常に回していましたが、私自身が乗ることは最終盤を除いてほとんどありませんでした。

選挙戦で訴えたのは、「今回先送りされたのは、消費税増税だけではなく、次世代のために今やらなければならない改革だ」ということです。サンゴ窃盗団やエボラなどの感染症、北朝鮮外交や憲法改正など、今取り組まねばならない問題の解決が、すくなくとも選挙のために1か月遅れました。さらには、大阪、特に私の選挙区においては相手陣営が府議時代に都構想反対派の急先鋒であり、また、国旗国歌条例や憲法改正の早期実現を求める意見書に反対をしてきた候補であり、その怒りを選挙戦の原動力にしていました。党自体の認知度が低い中、政党名ではなく個人名で戦う選挙でした。

結果を見れば、惨敗、と言わざるを得ないものですが、それでも後援会の皆様、ボランティアの皆様、スタッフの皆様に支えていただき、最後まで戦い抜くこと、訴え続けることができました。

私も我が党も残念な結果となり、今後の国政の行く末が心配ではありますが、まずは捲土重来を期して私自身地元に籠り、ひたすらどぶ板の活動を行うつもりです。我が党結党以来の4か月、やってきたこと、訴えてきたことは決して間違っているとは思いません。まだまだ党はこれから大きくなりますし、大きくしなければなりません。それが日本のため、国民の皆様のためだと信じ、活動を続けてまいります。今後もご指導ご鞭撻賜りますよう、お願い申し上げます。

 

政見放送のご案内

2014.12.03

関西地区では下記の日程で西野こういちの出演する政見放送が放映されます。
ぜひご覧ください。

12月 6日(土)21:35~21:45 朝日放送株式会社
12月 7日(日) 5:40~ 5:50 テレビ大阪
12月 8日(月) 5:45~ 5:55 毎日放送
12月10日(水) 7:45~ 7:55 NHK(テレビ)
12月10日(水)13:40~13:50 NHK(テレビ)
12月10日(水) 7:40~ 7:50 NHK(ラジオ第一)

ほっとかれへんvol.39

2014.11.28

1125新チラシB4_オモテ修正21125新チラシB4_ウラ最終